遊びに行こう!ちがさき丸

船長アドバイス

ヒラメ五目
全長2.4~2.7m前後のヒラメ竿
両軸リールもしくは小型電動リール
(PE2~3号)
幹糸フロロ4~5号、エダ3~4号、針チヌ5号
< アドバイス > 
即あわせ、厳禁でお願いします。
根回りを狙う時は、カサゴもかかるので、カサゴを釣る気持ちでやっていれば、上針りに平目が掛かってきます。
アジ
ちょい柔らかめが船長好み(笑)
シマノ3000番、ダイワ500番以上の電動リール(PE6号が最低300m)
ハリスは2~2.5号で長さはひとひろぐらい
船長イラスト
< アドバイス > 
手返しとコマセワークで差がつくよ!
カワハギ
カワハギ専用竿
両軸リール(PE0.8~2号200m)
3本針、カワハギ専用仕掛け
船長イラスト
< アドバイス >
底にいたり、少し、浮いていることもあるので、底から2メートルくらいの棚を探る。
カワハギは、動くものに寄ってくるので、誘いが重要!生エサを使う方は、アサリをしめるための塩を持参して下さい。
シロギス
シロギス専用竿
スピニングリール(PE1~1.5号)
オモリ15~25号、キス用天秤、ハリス0.6~0.8号1.2~1.8m
船長イラスト
< アドバイス >
相模湾では、胴突仕掛けはイマイチ喰いが悪いです。
アンダーキャスティングで仕掛けを投げて、誘いながらリールを巻いて釣ってください。
マダコ
船長イラスト
< アドバイス >
基本は常に底を這わせるようにコツコツとテンヤを小突く。
タコにテンヤを見つけてもらう為に、たまに大きめの誘いを入れるのも良い。

とにかくタコはバレやすい。合わせとタモ取りが重要。
テンヤに重みを感じたら、一呼吸置いてから力一杯合わせを入れる。
その後は糸をたるませないように間髪入れずにたぐる。

取り込みは隣同士協力し、できる限りタモですくう。
タコ釣りはチームプレー。隣同士の協力が重要。
タモ取りが間に合わない場合でも、たぐる手は止めずにそのまま抜きあげる。
たぐる手を止めるのは厳禁。止めればほぼバレます。
とにかく力一杯の合わせと隣同士のタモ取りがキモ!
タコ仕掛け
ホウボウ
1.8~2.1m、8:2~7:3調子のライト竿(オモリ20~60号負荷)
両軸リール(PE0.8~2号200m)
カサゴの胴突仕掛け(フロロカーボン2~3号)、アマダイの天秤仕掛け(フロロカーボン2~3号)
船長イラスト
< アドバイス >
カサゴ仕掛けで狙う場合は、オモリがたまに底に付くくらいの棚とり。
大きくゆっくり誘いを入れながら釣ります。
甘鯛の天秤仕掛けで狙う場合は、底から50㎝棚を切り3~5m誘いながらリールを巻く。
誘い方はジグのような誘い方。
リールを巻くスピードはハーフピッチです!
お好みの釣り方で楽しんでくださいね!
マダイ五目
2.4~3.0m、5:5~6:4調子のマダイ竿
中・大型電動・手巻き(PE4~6号300m以上)
針はマダイ針7~8号またはチヌ針3~4号(なるべく銀針の軸が細いのがオススメ!)、クッションゴムを使う方は3ミリ1m、ハリスはフロロカーボンの3号6m~8m(基本6mだが、深場や潮が速い時は8mの方がよい)
船長イラスト
< アドバイス > マダイ釣りは、正確な棚取りと手返しの良さで決まります。棚は基本、下からの棚取りです。竿が柔らかければ、尚更、棚が上手く取れません。慣れない方は、ロッドキーパーに竿を掛けたままで棚を取ってみて下さい。そうすれば、きちんと棚が取れるはずです。
正確に棚が取れれば、あとは、まめに、コマセワークをすれば当たると思います!とにかく、根気強く、これを繰り返しすれば、マダイは釣れます!!難しいと思わないで、チャレンジしてみて下さい!!どの釣り物も、正確な棚取りが出来れば釣れますよ~!
メバル
船メバル専用竿(ゲーム性を高めたい方は、2m前後・胴調子のやわらかめのライト竿を使ってもおもしろい)
浅いので電動リールは必要なし、コンパクトで軽めのベイトリール(PE2~3号)
二本針、胴突仕掛け2~3m、オモリ15~25号、ハリスはフロロカーボン1~2号50~60cm、針はヤマメ針10号
船長イラスト
< アドバイス > カサゴを同時に狙う場合、下のハリスは2~3号。
針はチヌ針など少し太めのものにして、オモリより下に針が垂れるようにする。
釣り方は、オモリで底を取りながら、たまにゆっくり広めに竿をあおり誘う。当たりがあったら、動かさず竿が食い込むのを待つ!!
こっちからの合わせは禁物ですよっ!!向こう合わせの釣りです♪
餌は、生きイワシを使用しておりますので、ヒラメやホウボウ・マハタなどの高級魚も併せて狙えます。さぁー、皆様、楽しんでください!!
ヤリ・スルメイカ
9:1の先調子
中型電動(PE3~4号300m以上)
ツノはピカピカかミラクル(11~18cm)、ツノの間は1.5m
< アドバイス >
イカは、移動が速いので、船長の「どうぞ」の声で、すぐに角を降ろせるように用意しておいて下さい。イカの気持ちになって釣ると釣果が断トツあがるかもっ(≧∇≦)!?
ヤリ・スルメイカ仕掛け
沖の五目
9:1の先調子
シマノ3000番、ダイワ500番以上の電動リール(PE6号が最低300m)
ハリス4~6号3~4.5m、針は2本針か3本針
船長イラスト
< アドバイス > 棚取りは海面から。船長の指示棚までカゴを下ろして、コマセを撒く釣り方です。
たまに、誘いをしたりしてみると良いですね。誘いは、ゆっくりと棚上5mぐらいまで。それか、竿を大きくあおってみたり、チョコチョコと動かすのもいいですよ。
当たりがあったら、すぐにあわせて巻いてください。そのままにすると、ハリス切れしてしまうので要注意です。メダイも基本は一緒です。後は、実際に船に乗って頂いて試してみて下さい!
 
 
ページのトップへ戻る