ちがさき丸

ご予約・お問い合わせは0467-86-1157

食べる〜釣り人メシ 釣り人だけに許された珠玉のお味

食べる

【ナマで食す】

多くの魚種では、釣ったばかりの新鮮な魚を食べるのは食感重視ということになります。いっぽうで魚の深いうま味を味わうなら、冷蔵庫で数日間寝かせて熟成させなければなりません。うま味成分であるイノシン酸は、締めて数日後でないと魚肉の中にできていないからです。
コリコリの食感を楽しむか、深いうま味をじっくり味わうのかはお好み次第ですが、どちらも自分で釣った魚を味わう一番の醍醐味と言えるでしょう。

【干物で食す】

釣った魚の鮮度を最大限に味わうには、ナマで食べることがすべてではありません。干物は昔から保存食として行われてきた調理法ですが、これをおいしく作るために素材の新鮮さはとても大事な要素です。
本格的に作るとなかなか大変ですが、次のような方法なら簡単に絶品の干物ができますので、ぜひチャレンジしてみてください。