ご予約

ちがさき丸

ご予約・お問い合わせは0467-86-1157

ちがさき流 イカの釣り方

【ヤリイカ】

タックルはヤリイカ竿1.7m前後、1:9~2:8調子。固めで先っちょだけ柔らかい竿がおすすめ。

全体的に柔らかい竿は、当たりが取りづらく扱いずらいです。

リールは中型電動リールPE3〜4号が300m以上巻いてあればOK。

仕掛けはプラヅノ11㎝、5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテがあると誘いに変化を出せます。

基本カラーは、ブルー、ピンク、ケイムラです。

潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などに乗ることがあります。

下記仕掛けおすすめ。

ビギナーの方、ヤリイカを専門で狙いたいなら①、ヤリイカとスルメイカ同時に狙いたいなら②をご利用ください。

仕掛けは、店頭で販売していますので、受付時にご相談ください。

船にもご用意していますので、船長にお声がけください。

釣り方について、文章で説明するより動画の方が理解度が高いと思いますので

動画をご視聴ください。 → 「動画はこちら」

【スルメイカ】

竿はバットにパワーのあるイカ専用竿の1.2〜1.7m前後がおすすめ。

スルメイカが多点掛けとなると、重量がずっしり来るのが魅力的。

そのため、胴のしっかりとした竿がおすすめ。

イカの群れの移動が速い状況だと上げ下げの回数が多くなり、多点掛けになるとリールへの負荷は相当なものになるのでパワーに余裕のあるリールがおすすめ。

状況によっては、200m前後の水深まで狙うこともあるので、道糸はPE3〜4号を最低でも300mは巻いてください。

仕掛けについて、プラヅノは14〜18㎝。

カラーは、ブルー、ピンク、ケイムラの3色。

アクセントとして、オレンジや黄緑を1本入れるのもおすすめ。

ツノのサイズは、中型サイズなら14㎝。

大型のスルメイカが釣れているようなら18㎝がメイン。

基本は、その時釣れているイカのサイズに合わせてやることがベスト。

仕掛けは、ブランコ、直結の2種類。

ブランコ仕掛けは、ツノがヒラヒラと漂うのでアピールが強くイカがバレにくい。

欠点はサバ釣れます。のんびりしているとお祭りするので高速で巻き上げる必要があります。

直結仕掛けはサバに強くツノ数を増やせタナを広く探れ、多点掛けを狙いやすく有利。

しかし、仕掛けを途中で下げてしまうとイカが外れてしまうため、扱いに注意が必要。

仕掛けによって一長一短があるので、状況に合わせて臨機応変に使い分けるのがおすすめ。

ビギナーには、バレの少ないブランコ仕掛けがオススメとなるが、サバが多いとオマツリばかりで釣りにならないこともあるので 角数の少ない(5本程度)の直結を用意することをお勧めします。

直結、難しいですがすぐにコツはつかめるので、技術を身に着ける価値は十分にあると思います。

釣り方について、動画視聴が一番身につくので、YouTubeで「スルメイカ 釣り方」で検索してみてください。

YouTubeは → こちら